創傷治癒反応の副作用を減少させるクルクミン・ジェル

クルクミンの作用 ドクター・ヘング ドクターの治療例 使用方法 購入はこちらから よくある質問
>> Home
>> クルクミンの作用
>> 開発者/ヘング医師
>> ドクターの治療例
   火傷(やけど)
   手術痕
   乾癬(かんせん)
   しみ/シミ
   しわ/シワ
>> ご使用方法
  赤いうろこ状の皮膚
  紫外線に過度にさらされた皮膚
  ニキビ・吹き出物の皮膚
  ピンクの炎症がある皮膚
  傷ついた皮膚
>> ソリアゴールドの成分
>> ご購入はこちらから
>> ご購入時の注意
>> ご利用者の声
>> メディア掲載例
>> 乾癬の原因
>> 先生への質問Q&A
>> よくある質問
>> お問い合わせ
>> 医療関係の方へ
   発表論文
>> 会社概要
>> 特定商品取引法表示
>> 相互リンク
  リンク集
 
PayPal Logo

クルクミンの作用

クルクミンクルクミン (curcumin) はカレーのスパイスでもあるターメリック(学名Curcuma longa)の黄色色素で、ポリフェノールの一種です。生理作用として抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗アミロイド作用、抗炎症作用などが知られています。以前から、皮膚に使用した場合、有効に作用することがわかっていましたが、クルクミンそのままでは、肌から吸収することができません。クルクミンは、肌の炎症経路に生化学的に影響を与え、正常な状態へと戻します。皮膚の色素過剰(あざ、シミ)と傷跡化を回復させる手伝いをします。また毛穴を縮小させる作用もあります。炎症を起こし始めている皮膚が傷跡に変化していくことを改善します。

クルクミンは、ホスホリラーゼ・キナーゼ(PhK)を減少させるスイッチメカニズムに働きます。それにより負傷に対する体の創傷治癒反応の副作用を減少させ、皮膚は正常な状態へと戻ります。

研究の結果、乾癬は正常な表皮のバリアを失っていることがわかりました。クルクミンを有効に使うことによってPhKレベルを減少させ、表皮の代謝を4日に一度から、60日に一度に遅らせることができます。その結果、表皮バリアを正常に戻し、皮膚を通常の外観に戻すことを助けます。

最近日本でも、クルクミンを含む化粧品が大手メーカーから特許出願されています。メラニン抑制、老化防止、皮脂分泌抑制、養毛、光老化抑制、美白、肌老化防止などです。

クルクミンそのままでは、皮膚を通して吸収されませんが、ソリアゴールドは、皮膚から効果的に吸収できるよう調合されております。

クルクミンによるブロック